【2023年度教員採用試験】採用担当課長に聞く最新動向 石川県

石川県教育委員会事務局教職員課長 岡橋勇侍

【1】求める教師像

「石川県が求める教師像」

  1. 児童生徒に対する教育的愛情を有する人
  2. 責任感と使命感を有する人
  3. 豊かな教養と専門的知識を有する人
  4. 広く豊かな体験を持ち、指導力・実践力を有する人
  5. 向上心を持ち、明るさ、積極性に富む人

【2】選考の特徴及び実施要項の主な変更点

未定。

【3】説明会、願書配付及び受付、各試験の日程

 2023年度は未定。

 2022年度実績

  • 願書配付開始日 4月21日
  • 受付締切日 5月27日(消印有効)
  • 試験日
    • 7月17日(筆記試験)
    • 7月18日(実技試験)
    • 7月31日又は8月1日(面接試験)

【4】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の採用見込数

 2023年度は未定。

 2022年度見込数   

  • 小学校教諭等 140人程度
  • 中・高等学校教諭等 130人程度
  • 特別支援学校教諭等 35人程度
  • 養護教諭 10人程度

【5】人物評価の選考観点

 模擬授業では、指導の実際から、教員としての指導力を評価しています。また
、個人面接では、教員志望の動機や教育に対する識見・意欲・情熱・態度等から、教員としての適格性を評価しています。

【6】受験予定者へのメッセージ

 本県では「石川の教育振興基本計画」を策定し、基本理念「未来を拓く心豊かな人づくり」のもと、ふるさとに誇りを持ち、広い視野にたって社会に貢献する「知・徳・体」のバランスのとれた人間をはぐくむことをめざしています。

 さらに、学力調査の集計・分析を行い、本県児童生徒及び学校の現状と課題を明らかにした上で、学力向上の中長期的指針となる「いしかわ学びの指針12か条(学びの12か条+)」も教育委員会のホームページに掲載されていますので、石川県が目指している教育について、知っておいてほしいと思います。

2022年度採用選考(2021年実施)について 

【7】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の受験者数、合格者数、合格倍率
別紙

【8】一般選考の試験内容と試験ごとの配点(合格基準点があれば併せて)

【9】論文試験の課題内容(校種別)と指定字数

 実施していないが、総合教養に小論文を含む。

【10】面接試験(集団討論、模擬授業、場面指導を含む)の実施方法(面接形式、所要時間、実施の流れ、主な質問内容、その他留意点など)

  • 面接形式:模擬授業及び個人面接
  • 所要時間:模擬授業10分、個人面接15分
  • 実施の流れ:模擬授業後に引き続き、個人面接を実施
  • 主な質問内容:志願書を参考にした端的な質問

【トップページに戻る】

あなたへのお薦め

 

特集