【2023年度教員採用試験】採用担当課長に聞く最新動向 静岡県

静岡県教育委員会義務教育課長 宮﨑文秀、高校教育課長 本多伸治、特別支援教育課長 伊賀匡

【1】求める教師像

 静岡県では、県民一人ひとりの中にある「才」と「徳」を高めることを通じて、本県の未来を担う『「有徳の人」の育成~誰一人取り残さない教育の実現~』を社会全体で進めています。「有徳の人」を育むために、「静岡県教員育成指標」に基づき、「学び続ける教員」の育成を目指しています。

 「学び続ける教員」とは、「教育的素養・総合的人間力」※1を基盤として、キャリアステージ※2に応じて、実践・省察・改善を繰り返しながら、「授業力」「生徒指導力」「教育業務遂行力」「組織運営力」を身に付けていく教員のことです。

 「教育的素養・総合的人間力」※1及び キャリアステージ※2における求められる資質能力については、「静岡県教員育成指標」をご確認ください。県教育委員会HPにも掲載しています。

【2】選考の特徴及び実施要項の主な変更点

 県教育委員会として説明会は予定していません。県内外の各大学等からの要請等に応じて実施します。

 募集案内の配布は4月1日(金)から、県教育委員会義務教育課、高校教育課、特別支援教育課、県民サービスセンター、静岡県内の各市町教育委員会、静岡県東京事務所・大阪事務所等で配布します(県教育委員会HPからダウンロードすることも可能です)。出願は原則として電子申請とします。申請期間は、4月4日(月)の午前8時から5月6日(金)の午後5時までとなります。

  • 1次選考試験は、7月2日(土)・3日(日)に実施します。
  • 2次選考試験は、小学校教員、中学校教員、養護教員及び栄養教員は、8月8日(月)~10日(水)、高等学校教員は、17日(水)・18日(木)・19日(金)、特別支援学校教員は18日(木)・19日(金)に実施します。

【3】説明会、願書配付及び受付、各試験の日程

県教育委員会として説明会は予定していません。県内外の各大学等からの要請等に応じて実施します。

 募集案内の配布は4月1日(金)から、県教育委員会義務教育課、高校教育課、特別支援教育課、県民サービスセンター、静岡県内の各市町教育委員会、静岡県東京事務所・大阪事務所等で配布します(県教育委員会HPからダウンロードすることも可能です)。出願は原則として電子申請とします。申請期間は、4月4日(月)の午前8時から5月6日(金)の午後5時までとなります。

  • 1次選考試験は、7月2日(土)・3日(日)に実施します。
  • 2次選考試験は、小学校教員、中学校教員、養護教員及び栄養教員は、8月8日(月)~10日(水)、高等学校教員は、17日(水)・18日(木)・19日(金)、特別支援学校教員は18日(木)・19日(金)に実施します。

【4】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の採用見込数

未定です。なお、昨年度の採用見込み数は、以下のとおりでした。

  • 小学校220人程度
  • 中学校130人程度
  • 高等学校130人程度
  • 特別支援学校100人程度
  • 養護教員10人程度
  • 栄養教員2人程度

【5】人物評価の選考観点

 求める教師像に照らし、教育者としての使命感、倫理観、教育に対する誇り、教育的愛情、真摯に学び続ける姿勢、豊かな人間性、児童生徒の規範となるような行動等を基盤とし、キャリアステージに応じた「授業力」「生徒指導力」「教育業務遂行力」「組織運営力」を備えているかを、積極性、思考力・判断力、協調性・社会性、表現力・コミュニケーション力、態度などの観点から評価しています。

【6】受験予定者へのメッセージ

 子供たちの成長に関わるという使命感・責任感を高めるとともに、子供たちに対する教育的愛情を醸成してください。また、教員としての専門的知識や指導技術を確実に身に付ける努力はもちろんですが、教育現場で実際に子供たちや教員と関わったり、ボランティア活動やアルバイト、旅行等の経験を通して、様々な立場の人々と触れ合ったりしながら、コミュニケーション力を高め、自らの視野を広げるとともに、人間的な魅力も磨いていってほしいと思います。


2022年度採用選考(2021年実施)について

【7】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の受験者数、合格者数、合格倍率

  • 小学校:受験者数 578、合格者数 216、合格倍率 2.7
  • 中学校:受験者数 607、合格者数 137、合格倍率 4.4
  • 高等学校:受験者数 682、合格者数 139、合格倍率 4.9
  • 特別支援学校:受験者数 258、合格者数 99、合格倍率 2.6
  • 養護教員:受験者数 162、合格者数 10、合格倍率 16.2
  • 栄養教員:受験者数 21、合格者数 2、合格倍率 10.5

【8】一般選考の試験内容と試験ごとの配点(合格基準点があれば併せて)

[1次選考試験]

  1. 教職・一般教養(50点)…小・中学校、高等学校、特別支援学校、養護教員、栄養教員※教職経験者を対象とした選考、博士号を取得した者を対象とした選考、国際貢献活動経験者を対象とした選考、障害者特別選考では、教職・一般教養に替えて課題作文(50点)を実施します。なお、教職経験者を対象とした選考については、該当する条件により、筆記試験の一部又は全部を免除する場合もあります。
  2. 教科専門…100点(一部教科によっては、実技試験を含む―実技試験中止)※看護師経験を有する者を対象とした選考では、教科専門に替えて課題作文(50点)を実施します。
  3. 特別支援教育専門(100点)…特別支援学校のみ
  4. 面接試験…試験員が5段階で評価―中止

※第1次選考試験は荒天のため、実技試験、面接試験は中止した。

[2次選考試験]

  1. 面接試験…小・中学校、養護教員、栄養教員(75点)、高等学校(100点)、特別支援学校(60点)
  2. 小論文…高等学校(10点)
  3. 実技試験 外国語(高校)(5段階評価)、家庭(高校)(100点)

※それぞれの項目毎に、審査対象者とする最低基準はあるが、合格基準点はない。

【9】論文試験の課題内容(校種別)と指定字数

[教職経験者を対象とした課題作文]

(小・中学校)

 「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する基本指針(平成29年3月31日文部科学省)」では、不登校児童生徒等に対する教育機会の確保等に関する事項の中で、「①魅力あるより良い学校づくり」について、次のように示しています。

 全ての児童生徒が豊かな学校生活を送り、安心して教育を受けられるよう、児童生徒と教職員との信頼関係や児童生徒相互の良好な人間関係の構築等を通じて、児童生徒にとって学校が安心感、充実感が得られる活動の場となるように魅力あるより良い学校づくりを推進する。(後略)

 初めに、児童生徒と教職員との信頼関係を構築するために、あなたはどのようなことを大切にしたいと考えますか。理由とともに記述しなさい。次に、不登校を未然に防止するために、学級担任としてどのような取組を行いますか。これまでの教職経験に基づき、具体的に記述しなさい。」(601字以上800字以内)

(高等学校)

 「予測困難な時代を生き抜くために生徒に身に付けてほしいと考える力はどのようなものか、理由とともに第1段落で述べなさい。また、あなたはその力を育成するために、学校の教育活動の中でどのような取組をするか、第2段落以降で具体的に述べなさい。これまでの教職経験を踏まえて、800字以内で書きなさい。」(800字以内)

(特別支援学校)

 特別な支援を必要とする子どもの教育に携わる教員は、一人一人の教育的ニーズに的確に応えていく幅広い専門性が求められています。特別な支援を必要とする子どもの指導に関して、あなたが考える専門性について理由を添えて述べなさい。また、それに基づく指導実践についても述べなさい。

【作成上の留意点】

専門性に基づく指導実践を述べるにあたっては、以下の項目を盛り込むようにすること。

・指導実践によって得られた子どもの成長した姿 (601字以上800字以内)

(養護教員)

 文部科学省「発達障害を含む障害のある幼児児童生徒に対する教育支援体制整備ガイドライン~発達障害等の可能性の段階から、教育的ニーズに気付き、支え、つなぐために~(平成29年3月)」に次のような記述があります。

 養護教諭は、各学校の特別支援教育の校内体制の中で、児童等の心身の健康課題を把握し、児童等への指導及び保護者への助言を行うなど、重要な役割を担います。

(1)児童等の健康相談等を行う専門家としての役割

 養護教諭は、日々の健康観察や保健調査及び健康診断結果等から一人一人の健康状態を把握しています。また、児童等が保健室に来室した際の何気ない会話や悩み相談等から、児童等を取り巻く日々の生活状況、他の児童等との関わり等に関する情報を得やすい立場にあります。

 養護教諭は、障害のある児童等に対しては、特別支援教育を念頭に置き、個別に話を聞ける状況を活用しつつ、児童等に寄り添った対応や支援を行うことが重要になります。(後略)

 初めに、養護教諭として、発達障害を含む障害のある児童生徒等と関わる際に、大切にしたいことは何ですか。理由とともに記述しなさい。

 次に、特別支援教育の校内体制の中で、養護教諭としてどのような取組を行いますか。これまでの教職経験に基づき、具体的に記述しなさい。(601字以上800字以内)

(栄養教員)

 静岡県では、「小中学校の児童生徒の静岡茶の愛飲の促進に関する条例」を平成28年12月に公布・制定しました。学校では、お茶を飲む機会及びお茶を使った食育の機会を確保できるようにしています。以下は、同条例の目的を示した部分の抜粋です。

  (目的) 第1条 この条例は、小中学校において、児童生徒が静岡茶を飲む機会及び児童生徒に対する静岡茶の食育の機会を確保することにより、児童生徒の静岡茶の愛飲を促進することを目的とする。

 初めに、あなたは栄養教諭として静岡茶を生かした食育を推進することにより、児童生徒にどのような力を身に付けたいと考えますか。理由とともに記述しなさい。

 次に、児童生徒が静岡茶に親しむために栄養教諭としてどのような取組を行いますか。これまでの教職経験に基づき、具体的に記述しなさい。

[博士号を取得した者を対象とした課題作文]

(高等学校)

 「自然の事物・現象を科学的に捉えるために必要だと考える力はどのようなものか、理由とともに第1段落で述べなさい。また、あなたはその力を育成するために、理科の授業の中でどのような指導をするか、第2段落以降で具体的に述べなさい。これまでの研究の経験を踏まえて、800字以内で書きなさい。」(800字以内)

[民間企業等での勤務経験を有する者を対象とした課題作文]

(高等学校)

「あなたが生徒に身に付けてほしいと考える社会人としての基礎力とはどのようなものか、理由とともに第1段落で述べなさい。また、あなたはその力を育成するために、学校の教育活動の中でどのような取組をするか、第2段落以降で具体的に述べなさい。これまでの勤務経験を踏まえて、800字以内で書きなさい。」(800字以内)

(中学校【美術・技術・家庭】)

 自身の社会人経験を論文にまとめ、事前提出する。(2000字程度)課題作文と合わせて、自身の社会人経験をA4 1枚にまとめて添付してもよい。

[商船等での勤務経験を有する者を対象とした課題作文]

(高等学校)

 「船内で働く上でよりよい人間関係を築くために生徒に身に付けてほしいと考える力はどのようなものか、理由とともに第1段落で述べなさい。また、あなたはその力を育成するために、学校の教育活動の中でどのような取組をするか、第2段落以降で具体的に述べなさい。これまでの乗船経験を踏まえて、800字以内で書きなさい。」(800字以内)

[国際貢献活動経験者を対象とした課題作文]

(小・中学校、特別支援学校、養護教員、栄養教員)

 「小学校(中学校)学習指導要領解説 総則編(平成29年7月)第1章 1」では、「育成を目指す資質・能力の明確化」に関して、次のように示しています。

 中央教育審議会答申においては、予測困難な社会の変化に主体的に関わり、感性を豊かに働かせながら、どのような未来を創っていくのか、どのように社会や人生をよりよいものにしていくのかという目的を自ら考え、自らの可能性を発揮し、よりよい社会と幸福な人生の創り手となる力を身に付けられるようにすることが重要であること、こうした力は全く新しい力ということではなく学校教育が長年その育成を目指してきた「生きる力」であることを改めて捉え直し、学校教育がしっかりとその強みを発揮できるようにしていくことが必要とされた。(後略)

 初めに、「自らの可能性を発揮し、よりよい社会と幸福な人生の創り手となる」ために、児童生徒にどのような資質・能力を育成することが大切だと考えますか。理由とともに記述しなさい。

 次に、そのような資質・能力を育成するために、どのような教育活動を行いますか。国際貢献活動の経験に基づいて考え、具体的に記述しなさい。(601字以上800字以内)

(高等学校)

 「持続可能な社会の創り手として生徒に身に付けてほしいと考える力はどのようなものか、理由とともに第1段落で述べなさい。また、あなたはその力を育成するために、学校の教育活動の中でどのような取組をするか、第2段落以降で具体的に述べなさい。これまでの国際貢献活動を踏まえて、800字以内で書きなさい。」(800字以内)

[障害者を対象とした課題作文]

(小・中学校、特別支援学校、養護教員、栄養教員)

 「小学校(中学校)学習指導要領解説 総則編(平成29年7月)第3章 第4節の2」では、特別な配慮を必要とする児童生徒への指導について、次のように示しています。

 障害のある児童(生徒)などには、視覚障害、聴覚障害、知的障害、肢体不自由、病弱・身体虚弱、言語障害、情緒障害、自閉症、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)などのほか、学習面又は行動面において困難のある児童(生徒)で発達障害の可能性のある者も含まれている。このような障害の種類や程度を的確に把握した上で、障害のある児童(生徒)などの「困難さ」に対する「指導上の工夫の意図」を理解し、個に応じた様々な「手立て」を検討し、指導に当たっていく必要がある。(後略)

 初めに、教員として障害のある児童生徒などに関わる際に、あなたが最も大切にしたいことは何ですか。理由とともに記述しなさい。

 次に、障害のある児童生徒などの「困難さ」に対して、教員としてどのような配慮や指導をしますか。これまでの経験に基づき、具体的に記述しなさい。(601字以上800字以内)

(高等学校)

 「教員として障害のある生徒に関わる際に、あなたが最も大切にしたいことは何ですか。理由とともに記述しなさい。また、障害のある生徒個々の抱える困難さに対して、教員としてどのような配慮や指導をしますか。これまでの経験に基づき、800字以内で具体的に記述しなさい。」(800字以内)

[看護師経験を有する者を対象とした課題作文]

(特別支援学校)

 「医療的ケアを必要とする幼児児童生徒数は年々増加しています。静岡県では、学校に看護師等を配置し、医療的ケアを必要とする幼児児童生徒の教育の充実を図っていますが、そのためにはOL(Quality Of Life:生活の質)も大切な視点となります。学校で医療的ケアを必要とする重度心身障害児のQOL向上のために、あなたが大切だと考えることを二つ書きなさい。また、それぞれについて学校現場でどのように生かしていきたいか述べなさい。

[作成上の留意点]

  • 学校における重度心身障害児のQOLについての考えを述べること。
  • あなたのこれまでの看護師としての経験を踏まえて述べること。」(601字以上800字以内)

[小論文]

(高等学校:2次試験)

 「それぞれの生徒が自らの個性を発揮し、いきいきと学校生活を送るために、生徒にとってどのような環境をつくる必要があると考えますか。あなたの考えを800字以内で書きなさい。」(800字以内)

【10】面接試験(集団討論、模擬授業、場面指導を含む)の実施方法(面接形式、所要時間、実施の流れ、主な質問内容、その他留意点など)

[小・中学校・養護教員・栄養教員]

  • 1次選考試験
    • 個人面接(面接形式2対1、所要時間10分、主な質問内容「あなたが、教員を志した理由は何ですか。」「静岡県を受験した理由は何ですか。」)?中止
  • 2次選考試験
    • 集団面接(面接形式5人程度のグループ、所要時間30分?中止
    • 個人面接(面接形式3対1、所要時間32分、主な質問内容「あなたが理想とする授業はどんな授業ですか。」「組織として行動するとき、あなたが一番大切にしたいことは何ですか。」)

[高等学校]

  • 1次選考試験
    • 個人面接(面接形式3対1、所要時間5分、主な質問内容「あなたが高校の教員になろうと決めた一番の動機は何ですか。」)?中止
  • 2次選考試験
    • 集団討論(面接形式5~6人グループ、所要時間35分、選択テーマ「生徒を成長させる教員」「中学生が入学したくなる学校」)
    • 個人面接(面接形式4対1、所要時間25分、主な質問内容「あなたは、教師の使命とはどのようなことだと考えていますか。」「あなたはどのような教師になりたいと考えていますか。」

[特別支援学校]

  • 1次選考試験
    • 個人面接(面接形式3対1、所要時間10分、主な質問内容「特別支援学校教員の魅力・やりがいについて、どのように考えていますか」「特別支援学校教員としてのスキル・専門性を高めるために取り組んでいること、努力していることを教えてください」)?中止
  • 2次選考試験
    • 個人面接(面接形式3対1、所要時間各25分、主な質問内容「静岡県の特別支援学校教員を志望する動機を教えてください」「特別支援教育に関する基本的な内容」)
    • 集団面接(面接形式6人程度のグループ、所要時間35分、テーマに基づいて自由討論を行う。2022年度のテーマ(例)は、「みなさんは、県立特別支援学校に勤務する教員です。学校では、児童生徒が毎月の生活目標を意識して学校生活を送ることができるように、わかりやすく親しみやすいスローガンをつくって児童生徒に伝えています。9月の生活目標は、新型コロナウィルス感染症が急拡大してきた状況と、感染対策がマンネリ化してきていることを考え、改めて感染対策に重点を置くことにしました。次回の職員会議に提案できるように、みなさんでスローガンを話し合って決めてください。」)

【トップページに戻る】

あなたへのお薦め

 

特集