【2023年度教員採用試験】採用担当課長に聞く最新動向 兵庫県教育委員会

兵庫県教育委員会 教職員人事課長 大迎 規宏

【1】求める教師像

【兵庫県が求める教員の素養】

  • 教育に対する情熱・使命感をもち、児童生徒に愛情をもって接することができる。
  • 教養、社会性、コミュニケーション力、想像力等の総合的な人間性を備えている。
  • 高い倫理観と規範意識をもち、自らの人権感覚を高めることができる。
  • 児童生徒、保護者や地域の方々と公正・公平な立場で対応することができる。
  • 常に学び続ける姿勢をもち、新たな課題へ挑戦することができる。

【2】選考の特徴及び実施要項の主な変更点

  1. 臨時講師及び会計年度任用職員の経験を有する者の加点条件の緩和
  2. 加点に該当する項目の追加
    1. 部活動に関する指導者資格
    2. IT・情報系の資格
  3. 現職筆記試験免除条件の緩和
  4. ICTを活用した模擬授業実施教科の拡大

【3】説明会、願書配付及び受付、各試験の日程

※未定の場合は例年の目安となる日程をご記入ください。

  • 教員採用試験説明会 2022年4月17日(日)、場所:兵庫県立のじぎく会館、兵庫県立飾磨工業高等学校、オンライン配信
  • 大学説明会:2022年4月12日(火)から2022年4月28日(木)
  • 募集要項配布:2022年4月11日(月) 
  • 出願期間:2022年4月18日(月)9:30~5月13日(金)17:00
  • 第1次試験
    • 集団面接試験:2022年6月25日(土)
    • 筆記試験:2022年7月24日(日)
    • 結果発表:2022年8月8日(月)15:00
  • 第2次試験
    • 模擬授業・個人面接・実験実技試験:2022年8月16日(火)から28日(日)のうち指示する日
    • 結果発表:2022年9月下旬
  • 採用:2023年4月1日

【4】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の採用見込数

※未定の場合は「前年度並み」などの概況又は前年度の人数をご記入ください。

▽小学校・特別支援学校区分 
 小学校 330名、特別支援学校 20名
▽中学校・特別支援学校区分
 中学校 270名、特別支援学校 20名
▽高等学校区分 240名
▽特別支援学校区分 60名
▽養護学校区分 35名
▽栄養教諭区分 5名

【5】人物評価の選考観点

▽集団面接試験の評定:健康度、積極性、共感性、社会性
▽模擬授業の評定:教材内容に関する知識・理解、構成力、声・表情・所作
▽個人面接試験の評定:態度・表現力、意欲・積極性、判断力、専門性、将来性

【6】受験予定者へのメッセージ

本県は、“兵庫が育む こころ豊かで自立する人づくり~「未来への道を切り拓く力」の育成~”を基本理念に3つの基本方針のもと、兵庫型「体験教育」や兵庫型教科担任制等の兵庫らしい教育を展開しています。
1)「生きる力」を育む教育の推進
 「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」をバランスよく育成します。
2)子どもたちの学びを支える環境の充実
 学校・家庭・地域が連携・協働した社会総掛かりの教育を推進します。
3)人生100年を通じた学びの推進
 県民一人一人が可能性を広げ、人生を豊かに生きられる環境づくりを推進します。


2022年度採用選考(2021年実施)について 

【7】校種別(小学校・中学校・高校・特別支援・養護・栄養)の受験者数、合格者数、合格倍率

▽小学校・特別支援学校区分:1636人、410人、4.0倍
▽中学校・特別支援学校区分:1198人、292人、 4.1倍
▽高等学校区分:1261人、222人、5.7倍
▽特別支援学校区分:279人、60人、4.7倍
▽養護教諭区分:298人、40人、7.5倍
▽栄養教諭区分:68人、5人、13.6倍

【8】一般選考の試験内容と試験ごとの配点(合格基準点があれば併せて)

▽第1次試験
 集団面接       100点
 筆記試験(一般教養) 100点
 筆記試験(教科専門) 200点
▽第2次試験
 模擬授業       120点
 個人面接       180点
 実験実技試験     100~150点

【9】論文試験の課題内容(校種別)と指定字数

 実施していません。

【10】面接試験(集団討論、模擬授業、場面指導を含む)の実施方法(面接形式、所要時間、実施の流れ、主な質問内容、その他留意点など)

▽第1次試験
集団面接
 時間は約15分で、受験者5人程度に対して、面接委員は2人程度で集団討議を実施する。
▽第2次試験
・模擬授業 
 時間は約15分で、必ず黒板(ホワイトボード)を使用する。
 加えて、「中学校・特別支援学校区分(数学)(技術)」、「高等学校区分(数学)」については、本県で準備するタブレット端末を必ず使用する。
 ただし、「養護教諭区分」には、模擬授業にかえて、約8分間の模擬保健指導を実施し、黒板(ホワイトボード)を使用しなくてもよい。   
・個人面接
 時間は約25分で、場面指導(学校現場において想定される生徒指導や保護者対応等)に関する
 試問を含めて実施する。ただし、「養護教諭区分」は約32分とする。
 主な試問例:願書の記載内容について、志望動機について、理想の教員像について、これまで努力してきたこと、・教育法規等
 模擬授業、個人面接ともに、受験者1人に対して面接委員は3人程度で実施する。

【トップページに戻る】

あなたへのお薦め

 

特集