ビブリオバトルは、自分が読んで面白いと思った本を他者に薦め、それを聴いた人たちのうち、どれだけ多くの人がその本を読みたくなったかを競うゲームです。ゲームの構造上、読書促進やプレゼンテーション能力の向上を目的として、教育の場に導入されることが多いようです。しかしながら、ビブリオバトルの持つ教育効果はそれだけではありません。今回は、それら以外の教育効果について紹介します。

A教諭は、一人暮らし。○○県出身の体育科の中学校教員で、2年生の学級担任および女子バレーボール部の顧問として活躍していた。特に、女子バレーボールの指導には抜群の指導力を発揮し、この年、県大会で優勝させた実績を持ち、部の生徒やその保護者等から絶大な信頼を得ていた。朝練習から放課後の練習、一年を通して土日返上の猛練習に打ち込んだ。A教諭の生活は、一言で言えば、部活に打ち込んだ毎日であったといえる。

私が担任時代に、教室の中で毎日行っていた取り組みの一つが、「ほめ言葉のシャワー」である。菊池実践の代名詞ともいわれるものだ。

平成19年に大学のゼミナールの中で誕生したビブリオバトルは、10年の間に多くの愛好者を集め、コミュニティ間の交流のみならず、書店や図書館などでの大規模なイベントが開催されるまでに成長してきました。それに伴って、教育の現場でもその名前を見聞きすることが多くなってきました。

私は、北九州市内の小学校で33年間、教壇に立っていた。

授業改善や学校改革の取り組みは、少しも特殊なことではない。どんなとき、どんな時代であっても、常に努力しなければならないことである。実際、どの学校でも毎年毎年程度の差はあれ、不断に努力してきたはずである。しかし、今求められる「深い思考力」の育成の視点から評価すると、まだ学校の変革は不十分であることも事実である。

平成28年3月、政府の経済財政諮問会議の4人の民間委員は、子ども・子育て世帯の支援拡充として、給食費の無料化の検討を提案した。無料化には、年間5120億円が必要とも試算されていた(表)。

体育の授業でハンドボールの試合中、転倒防止策が講じられていないハンドボールゴールのクロスバーに被害生徒がぶら下がり、ゴールとともに転倒し肝臓が破裂する事故が発生した。なお、校長は出張のため不在であった。

「授業改善のリーダーとして大きな成果を挙げていたのに、異動先の学校で受け入れられなかった」「校長として赴任先の学校で、意欲的に学校改善に取り組んだが、教員から協力が得られなかった」。

大阪市と北九州市の調査では、中学生自身が完全給食実施に賛成する理由として、「家庭での弁当作りの負担が軽減される」と挙げる割合は、保護者や教職員よりも高い。子どもは、家庭で忙しい親が弁当を作ってくれているのを知っている。

公式SNS

14,342ファンいいね
41,432フォロワーフォロー