eポートフォリオで学校が変わる(8) 大学入試改革とeポートフォリオ②

eye-catch_1024-768_morimoto_fin東京学芸大学教授 森本 康彦

学びに主体的に取り組む態度や、自己の感情や行動を統制する能力、互いの良さを生かして協働する力など「学びに向かう力・人間性等」に関する資質・能力を多面的・多角的に評価することが新入試における大きな課題の一つです。

これらの評価は筆記試験の結果だけで測ることはできません。一人一人のいくつかの側面を多様な角度から見つめる必要があります。だからこそ、高校3年間を通した学びの記録であるeポートフォリオを活用した大学入試が注目されます。

本来は、生徒が3年間を通して蓄積した「学びのアルバム」としてのeポートフォリオの全てを見て、評価することが最適であるはずです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。