赤堀教科調査官(道徳教育)に聞く 校長のリーダシップがカギに

今年3月に告示された学習指導要領の一部改正に伴い、「特別の教科 道徳」(道徳科)が、今年度から移行措置として、一部または全部の実施が可能となっている。小学校で平成30年度から、中学校で31年度から全面実施となり、検定教科書が使われる。文科省初中局教育課程課の赤堀博行教科調査官(道徳教育)に、指導方法や評価の在り方について聞いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。