全国学力調査から見えた 伸びる学校の条件(8)実践的な教員研修

お茶の水女子大学教授 浜野 隆


 「教育効果の高い学校」の特徴として四つ目に挙げるのは、実践的な教員研修である。前回までに述べてきた「言語活動」にしても小中連携の「授業スタイル」にしても、具体的な場面で効果的に展開できるかは教師の力量にかかっている。教師が定期的に指導力を高められる場、つまり研修の機会を設けることが重要である。この際、内容が適切で、かつ教員にとって過度な負担にならないよう注意する必要がある。よりよい研修を設計する上で、校長の果たす役割は大きい。

 教育効果の高い学校は、授業研究を伴う校内研修を数多く実施している。研究主任を中心に教師同士でお互いの授業を見せ合い、学び合うシステムを取っている学校が多い。小学校では、教育効果の高い学校の半数以上がおよそ年間で11回(月1回)以上、授業研究を伴う校内研修を実施している。対して教育効果の低い学校の実施頻度は、高い学校の3割程度にとどまる。

 教育効果の高い学校では、校長が「校内研修こそが教師にとって最大の力量形成の場であり、同僚性を育む場」と考えており、中学校では、教科の枠を超えて校内研修をすることで同僚性を構築している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。