【連載】教育現場の課題をひもとく 道徳から「特別の教科 道徳」へ②「育てたいもの」が変遷

道徳について、今次の改訂で改められた部分について考えてみる。まず目標についてであるが、「特別の教科 道徳」の目標が「(前略)よりよく生きるための基盤となる道徳性を養うため、道徳的諸価値についての理解を基に、自己を見つめ、物事を多面的・多角的に考え、自己の生き方についての考えを深める学習を通して、道徳的な判断力、心情、実践意欲と態度を育てる」とされている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。