【連載】教育現場の課題をひもとく アクティブ・ラーニングⅡ③ アクティブ・ラーニングに関する指導の実態

「アクティブ・ラーニングは、とっくに行われている」という声をよく聞く。確かに、前回指摘したように、現行の学習指導要領に基づく教育課程では、総則や総合的な学習の時間をはじめとして、アクティブ・ラーニングの趣旨に合致する指導を行うことになっている。問題は、その指導が実際に行われ、かつ充実したものになっているかということである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。