【連載】教育現場の課題をひもとく 保護者にどう対応するか② 学校現場では混迷が引き続く

「公園デビュー」世代が思春期のころ、テレビドラマ「金八先生」が放映されていた。テレビの金八先生は、いつも子どもの味方だった。その後「新人類世代」と呼ばれ、幼児期の「公園デビュー」の時代を経て、小学生の保護者になった。やがて、2000年代に入り、各地の学校現場で保護者対応の難しさが話題になるようになってきたのである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。