【連載】学校教育相談の歩みと展開 第2回 いつでも誰にでもできるを志向

各地でカウンセリングの「専門的知識・技能」を修得した教師の育成と全教師にカウンセリングの心を身につけることの両側面が進められた。

生徒指導でも、自己指導力や自己実現への指導・援助が強調されるようになった。狭義の教育相談から全教育活動を通してのカウンセリング・マインドを生かした教育相談の考え方が強くなる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。