(生き生きした教師生活 メンタルヘルス気を付ける視点)バーンアウト回避の心構えと配慮

山積する新たな教育課題の対応や慢性化した多忙の中で、教師の疲弊や精神疾患などが増えている。未来を創る子どもたちにより良い実践を行うためにも、教師が生き生きと日々の教職に向かっていけるような「メンタルヘルス」上の意識や行動に理解を深めるのは一層、重要度を増している。3人の専門家に気を付けるべき視点や意見を聞いた。


バーンアウト回避の心構えと配慮
兵庫教育大学大学院教授 藤原忠雄

教師のストレスに関する実証的研究とメンタルヘルスの支援に取り組んだ立場から、バーンアウト回避への教師の心構えと周囲の配慮について述べたい。

――教師のバーンアウトとは

教師が職務上のさまざまなストレスに晒され続けた結果、気付かないうちに慢性的な情緒的消耗(枯渇)状態に陥ります。人間関係に対する負担感から同僚や児童生徒など、周囲との関わりや対応が不誠実になり、職務に関わる有能感・達成感の落ち込みから自己否定感が高まります。そして、最終的に燃え尽きたように意欲を失い、職務を遂行できなくなります。

バーンアウトの直接的な要因になるストレッサー(原因)は、小・中・高校に共通するもので授業、生徒指導、管理職、多忙が挙げられます。授業の不成立や指導の行き詰まり、管理職の不適切な言動、過剰な労働は回避すべき重要事項(状況)です。特徴的なもので、小学校は保護者対応、中学校は同僚関係が要因になり得ます。

――回避のための教師の心構え

第1に、自らのストレス状況に気付くのが重要です。ストレッサーが、ストレス反応を起こし、その反応が深刻化してバーンアウトになります。ストレッサーの多くは防ぎようがなく、バーンアウトに陥ってからでは対応の困難さが増します。ストレス反応を定期的にセルフチェックし、早期対処を心掛けるのが大切です。

第2に、援助や協力を要請する行動が重要です。今日の複雑化、多様化、困難化している児童生徒の諸問題に対応するため、必要に応じて援助・協力を周囲に求めるのは責任ある対応です。それは、児童生徒への適切な支援のためであり、結果的には周囲と自身のためでもあるのです。

第3に、セルフケアが重要です。リラックス上手と受け止め上手になるのを心掛けましょう。短時間のリラックスタイムを日々の生活の中に設定し、心身のストレス緩和や疲労回復などを主体的に図るのが大切です。自らをストレスフルな状況に引き込むネガティブな受け止め方を、合理的かつ客観的なものに修正するのも大切です。

――回避のための周囲の配慮

第1に、職場の情緒的サポートが重要です。情緒的サポートは、直接的、間接的にストレッサー、ストレス反応、バーンアウトを緩和します。職場の風土や雰囲気を受容的、共感的、親和的に醸成し、協働的な問題解決の志向を職場で共有するのが大切です。

第2に、管理職のラインケアが重要です。教師が厳しい状況下に陥った時の擁護、職場内における人間関係の調整、温かさを持って接する親和性、家庭状況などの私的な状況に理解を示す支援が大切です。管理職のサポートは、教師のストレス軽減効果にきわめて有効で全てのストレス反応を軽減します。適切な支援は素晴らしいサポートになり得るし、一方でバーンアウトの要因にもなるという認識に立つのが重要です。

第3に、児童生徒の理解やその支援に関した自己効力感が重要です。こうした自己効力感は直接的、間接的にストレッサーやストレス反応、バーンアウトを緩和します。児童生徒への支援に関する研修を充実させ、教師の自己効力感の高揚を図ることが大切です。

以上、バーンアウトを回避するための教師の心構えと周囲の配慮について整理しました。教師のメンタルヘルスは、教師個人の単なる健康状態ではなく、授業や児童生徒との関わりなど日々の教育活動に影響を与えます。将来の日本を担う児童生徒のためにも、教師のメンタルヘルスへの支援は重要で積極的な取り組みが求められます。


 

藤原忠雄(ふじわら・ただお)教授 専門は、学校教育相談、学校心理学、スポーツ心理学、健康心理学。約26年の教職や教育行政職勤務を経て現職に至る。日本学校教育相談学会副会長、日本ストレスマネジメント学会常任理事、日本学校メンタルヘルス学会理事などを務める。著書に『学校で使える5つのリラクセーション技法』(ほんの森出版)、『学校心理学ガイドブック~第3版』(学校心理士資格認定委員会編、風間書房)などがある。

関連記事