(生き生きした教師生活 メンタルヘルス気を付ける視点)ストレスの早期発見と調整力磨こう

山積する新たな教育課題の対応や慢性化した多忙の中で、教師の疲弊や精神疾患などが増えている。未来を創る子どもたちにより良い実践を行うためにも、教師が生き生きと日々の教職に向かっていけるような「メンタルヘルス」上の意識や行動に理解を深めるのは一層、重要度を増している。3人の専門家に気を付けるべき視点や意見を聞いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。