【連載】原点からの「情報教育」再考 3 だめ教育でなく具体を論議

「情報」が「人と何らかの思想・感情などの意味を共有するために表現した内容」だとするなら、教育に携わる者として、若者がどのように情報を扱っているのかをまず知る必要がある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。