【連載】クオリティ・スクールを目指す 第68回 集団・個別情報を指導に生かす

最近の学力論議をみていると、相も変わらず学力調査の成績のみをみて、全国的な傾向による是非を論じているようにみえる。それぞれの学校の実態に応じた学力の傾向を考慮していない。表面的すぎるのである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。