【連載】学校教育相談の歩みと展開 第4回 傾聴・共感・自己決定などが基本

■カウンセラーの三条件(魔法の三つ組)=ロジャーズ

(1)一致あるいは純粋性・自己一致=態度に表裏がなく、ありのままで純粋であること。飾りやみせかけではなく、カウンセリングは瞬間に流れる。
(2)無条件の肯定的関心・尊重=温かく受容することが大切。条件は付けない。審判や批判的態度ではなく、クライエントの存在を無条件に受け入れる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。