【連載】目指せ管理職 選考試験を突破しようⅡ 第29回 学校力を高める異校種間の連携

教育は、幼・小・中・高校と児童生徒の発達段階に即して行われる。変化し続ける児童生徒に対して、より効果的な教育となるように小中連携や中高連携が叫ばれて久しい。その実践を試みている学校も多くなっている。校種の垣根を越え、連携協力することにより学習の質の向上や教育課題を解決していくという教育現場の英知でもある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。