【連載】教育現場の課題をひもとく 言語活動の成果と課題② 「動き回り」を可能にする状況を

前回、言語活動の成果と課題を整理し、言語活動はあっても、学習者が能動的に参加していないという点に問題があるとした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。