【連載】教育現場の課題をひもとく 言語活動の成果と課題③ 教師の姿勢で学びの質は深まる

前回、子どもたちの学習過程から「動き回る」状況での言語活動の創出と、それを「見る」ことが重要であると述べた。今回は、「授業設計」「学習活動」をキーワードに考える。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。