【連載】クオリティ・スクールを目指す 第70回 エビデンスを充実させる方策必要

平成28年度の国の文教関係予算が決まった。それに関連して話題になったことの一つに、エビデンス(科学的根拠)の問題がある。

例えば、1学級35人か40人かで、財務省と文科省の間に論争があったのは記憶に新しいが、どちらが望ましいか、双方に確たる根拠がないままに、35人学級を継続することになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。