提言 インクルーシブで学校経営 ケース会議などで支援体制づくり

学校経営の理念を明らかにすることが大切であると思います。本校では経営理念を「どの子も活かしどの子も伸ばす」としました。それは、共生社会の実現に向けて障害のある子どもと障害のない子どもが共に学び合う「インクルーシブ教育」の考えに立ったものでもあります。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。