【連載】教育現場の課題をひもとく 言語活動の成果と課題④ 「真正の評価」をどうするか

「真正の評価」とは、現実の状況やそれに近い状況において、学習者が学んだことが実際に生きて働くものとなっているかを評価することの重要性を指摘する考え方である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。