【連載】教育現場の課題をひもとく カリキュラム・マネジメント① 社会に開かれた教育課程理念に

昨年8月26日、中教審教育課程企画特別部会が、次期教育課程の基本的な考え方や方向づけとして示した「論点整理」において、「カリキュラム・マネジメント」の重要性が論じられている。カリキュラム・マネジメントの意義について「論点整理」では「学習指導要領を受け止めつつ、子供たちの姿や地域の実状等を踏まえて、各学校が教育目標を実現するために、学習指導要領に基づきどのような教育課程を編成し、どのようにそれを実施・評価して改善していくか」と示し、次の3つの側面を重視している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。