【連載】教師のための人間関係づくり 第10回 短く話すスピーチトレーニング

教師には、「話が長い人」が多い――。これは、小学校、中学校、高校、大学といった学校種に関係なく、教師にとって全般的な傾向であるように思われる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。