【連載】学校教育相談の歩みと展開 第6回 コーヒーカップ方式を活用

ロジャーズ理論、精神分析理論、行動理論の三大理論を中軸に、実際のカウンセリングを展開するに当たって勧めたいのは、「コーヒーカップ方式」(図)である。日本教育カウンセラー協会の國分康孝会長が勧めるもので、「國分方式」ともいわれる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。