ニーズに応える調査研究行う 幼児教育でエビデンスを示す

学力や児童生徒の問題行動など、日本の教育を取り巻く問題について研究・調査をしている国研。その所長に、文科省の前生涯学習政策局長の河村潤子氏が就任した。国研の研究・調査を、今後どのように教育現場につなげていくのか、聞いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。