【連載】クオリティ・スクールを目指す 第74回 英語の短時間学習を設定

次期教育課程において文科省は、小学校の英語教育の拡充を図るために、5・6年生の授業時間を2時間にし、そのうち1時間を15分のモジュール(短時間学習)で行うことを決定した。私もこの考えには賛成である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。