【連載】教育現場の課題をひもとく 問題行動の現状と課題 不登校編① 短期間の増減に左右されず本質を

 文部科学省が毎年実施している「問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」によると、平成26年度の不登校児童生徒数は、小学校2万5866人(在籍数千人に対する比は3.9人)、中学校9万7836人(同27.6人)、高校5万3154人(同15.9人)であった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。