【連載】次期学習指導要領改訂への期待 1 総則重視と環境づくりに期待

次期学習指導要領の告示まで1年をきった。昨年8月に中教審教育課程企画特別部会がそれまでの審議経過を整理した「論点整理」を示し、以降、各校種別、各教科等別のワーキンググループでの議論が進められ、その状況はその都度発信されている。今後、審議を煮詰め中間まとめが出され意見聴取等の後、さらに答申に向けて審議が行われる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。