【連載】クオリティ・スクールを目指す 第76回 小・中教員1日13時間労働

小・中学校の教師の多忙化がいわれて久しい。OECD国際教員指導環境調査(TALIS)で、日本の中学校教員の勤務時間は国際的に最長とされ、その認識が広まった。今年2月には、(公財)連合総合生活開発研究所(連合総研)の調査が示された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。