【連載】新任校長のチャレンジ 月別の校長術最強指南②

新任校長としての学校経営がスタートして1カ月が過ぎた。ゴールドの連休か憂鬱な連休か、どちらであっただろう。どちらにしてもこの期間になすべきことをしっかりとやり、連休明けの再スタートを円滑に切り、笑顔で再開・再会したいものである。
 4月は、本欄に示したように、子ども等のさまざまな人々や関係機関などとの出会いから、今後の学校経営に生かしたい「よさや強み」を見いだしたことであろう。
 次いで、5月は、自己の学校経営ビジョンや方針の実現を阻害すると思われる要因を見いだすようにする。とかく問題や課題は目につくものであるが、日が経つにつれて慣れてしまう恐れがある。はじめの1カ月が重要である。思いつきではなく、ビジョン・方針に沿ってきちんと整理することが必要である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。