【連載】教育現場の課題をひもとく 問題行動の現状と課題・不登校編② 状態理解し援助を見極める

不登校対応の第一歩は、「脱・不登校」への危機意識を高めることであるが、次の一歩は不登校問題への理解である。不登校児童生徒が「どのような状態」にあり、「どのような援助」を必要としているかを正しく見極める(アセスメント)ことが重要である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。