【連載】教育現場の課題をひもとく 問題行動の現状と課題・不登校編③ 過去と他校の事例に学ぶ

危機管理の3段階5機能に則ると、不登校の危機管理は、リスクマネジメントにおける自己有用感等の涵養(開発的)および予期不安等の早期発見(予防的)、クライシスマネジメントにおける教育相談・家庭訪問等(問題解決的機能)や専門機関との連携(治療的機能)、そして、ナレッジマネジメント(他の事案に学ぶなどして再発防止を図る)という流れになる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。