【連載】教育現場の課題をひもとく チーム学校をどう実現するか① 遅くまでの仕事が学校の現実

「チーム学校」の要諦は、疲弊した学校の立て直しにある。
日本の教師の多忙さは限界まで来ている。それを少しでも緩和させなければならない。
学校のスリム化を図るための戦略は、勤務時間縮減である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。