【連載】学校管理職の危機マネジメント④ 7月 ヌケ・モレ・見逃しはないか

学校評価・自己評価の1学期(4月から7月)までの形成的評価からこれまでの教育・指導の成果を明らかにするとともに、課題となっていることを見いだしきちんと把握することが必要である。そのままにしておくと後日危機的状況となって取り返しがつかないことなどにならないよう、あれっ、おやっという時点で対応することをリードしよう。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。