【連載】学校教育相談の歩みと展開 第12回 教育カウンセリングの諸相

■特徴

教育カウンセリングの特徴を一言でいえぱ、グループ志向が強く、能動的で、病理現象より発達課題に重点を置く。

「思考・感情・行動の変容」が大切。教育カウンセリングにオールマイティーな理論はない。どの理論にも限界がある。使えるものは何でも使う折衷主義に立つ。「人を見て法を説け」である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。