【連載】教育現場の課題をひもとく チーム学校をどう実現するか③ みなが働きやすい環境つくる

学校にさまざまなスタッフを配置するという「チーム学校」の施策は、いくつかの自治体ではすでに推進されている。

筆者が校長を務めた東京中央区立泰明小学校は、小学校12学級、児童数約360人、幼稚園2学級、園児数約30人の平均的規模の学校(園)である。正規職員である校長(園長)、副校長、主幹教諭、主任教諭、教諭、算数少人数加配教諭、養護教諭、事務主任、幼稚園主任教諭、幼稚園教諭の他に次のスタッフが配置されていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。