【連載】目指せ管理職 選考試験を突破しようⅢ 第13回 規律ある不安のない学校づくり その2

良好な学校運営を行っていくためには、教職員が心身ともに健康を維持して、明るく意欲的に児童生徒の指導ができることが極めて大切である。そのため校長は、毎年、定期に、教職員の健康診断を行う(学校保健安全法15条)等、日常的にその対策に取り組むことが強く求められている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。