【連載】目指せ管理職 選考試験を突破しようⅢ 第14回 規律ある不安のない学校づくり その3

「教職員のモラル低下」が指摘される事態がある。大多数の教職員は、自身の責任と立場をよく理解し、真摯に児童生徒と向かい合っている。しかし、体罰、セクハラ、公金横領、その他の信用失墜行為などが起こり、たびたび報道されているのも現実である。一部の人物の行動が大きく取り上げられて、教職員全体の士気や意欲が損なわれるようであれば、大問題である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。