【連載】若手を育てる学校経営マネジメント 第1回 教育でこそ自己実現を図る

それは、小学校1年生の担任になってすぐだった。「ザリガニだ、キャー」と言って、学校中を駆け回るA君。時程変更をしたら、「時間割が違う」と私の傍らで1時間言い続けたA君。入学式前日に転校してきたA君は、入学式では落ち着いていた。さぞつらかったであろうお母さんとも交流を深めることができた。後で自閉症と分かるのだが、はじめての経験で、あわてたことがよみがえってくる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。