【連載】クオリティ・スクールを目指す 第85回 「学びの地図」をどう描くか

次期学習指導要領に向けたこれまでの審議の「まとめ(案)」が、8月26日に、中教審教育課程部会で了承された。そこには、従来にはなかった画期的ともいえる内容がみられ、中教審の意気込みが感じられる。その端的な表現が「学びの地図」である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。