【連載】教育現場の課題をひもとく 特別編 キーワードで読む「次期学習指導要領・審議のまとめ」(3)

「審議のまとめ」では、学習指導要領の「総則」を抜本的に改善するとしている。その意図は、新教育課程の理念である「社会に開かれた教育課程」(前回解説)を実現するために「何ができるようになるか」など、これからの時代に求められる資質・能力の育成を重視する新学習指導要領の考え方について、学校・教師がしっかりと理解するとともに、家庭や地域などの関係者と共有することにある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。