【連載】校長を目指す教師のために 第2回 生徒も大人も目指せる目標を

学校改善のために、まず取り組まなければならないのは、目標の改善である。具体的には、教育目標や育てたい生徒像を社会が求める人材像と照らし合わせて見直すことだ。そして、定めた目標は、生徒・保護者・教師、学校に関わるすべての人々が同じイメージで理解できるものでなければ意味はない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。