【連載】ミドルリーダーの学校経営 ② 職責担いすぎず自由に発想

近年、ミドル・リーダーの育成が課題となっている背景には、教員年齢構成の「フタコブラクダ」化がある。文部科学省の教員基本統計(平成25年度)によれば、勤務年数が10年以上15年未満の教員は小学校7.8%、中学校7.7%でしかない。これに対して、小学校では5年未満と30年以上35年未満が各18.4%で最多、中学校でも5年未満が19.6%で最も多く、25年以上30年未満の17.1%がこれに続く。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。