【連載】学校管理職の危機マネジメント⑦ 10月 苦情・難題対応の基本

学校には多種多彩な苦情や意見が寄せられる。時に無理難題を押しつけられ、鬼のような顔をして睨み付けられたり怒鳴りつけられたりする場合もあろう。そんなときでも頭はクールにして対応する必要がある。一緒になって興奮し、売り言葉に買い言葉で応じたり、一時の感情で言わずもがなの言葉を発してしまったりして、取り返しのつかない事態になることは避けなくてはならない。そのため、いくつかの状況を想定しておこう。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。