【連載】教育現場の課題をひもとく 特別編 キーワードで読む「次期学習指導要領・審議のまとめ」(8)

次期教育課程のキーワードとして、「開かれた教育課程」や「資質・能力の三つの柱」を軸とした教育課程の構造化、アクティブ・ラーニング等が挙げられる。これらと並んで特色となっているのがカリキュラム・マネジメントである。「審議のまとめ」では、「学習指導要領等の改善の方向性」の項目の2番目にカリキュラム・マネジメントの実現が示されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。