【連載】ミドルリーダーの学校経営 ③ リーダーシップの分散化

校内で意識的・計画的にミドル・リーダーを「育てる」方法として、主任などの職責や学校運営上の重要な仕事を任せるというものがある。その場合、管理職から仕事を割り当てるだけでなく、教員からの自主的な提案を可能な限り採用していくと、ミドル・リーダーが「育つ」土壌を耕すことにもなる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。