【連載】国際バカロレアを知るために 第32回 活発化する教員の養成

2020年までにIB校を200校以上に増やすことを国の施策として進めることが決まった13年の段階で、その施策を実現するために「教員養成」が必要であることが認識されていました。その関連でIBに関わる外国人教員については14年6月に文科省が「特別免許状の授与に係る教育職員検定等に関する指針」を示し、以前より特免が取りやすくなっています。しかしIB教育に関わる日本人教員の養成については、これからいろいろなことを進めていかなければなりません。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。