【連載】校長を目指す教師のために 第6回 対立を肯定する協働の学び方

 「個の学び方」に続き「協働の学び方」の考え方についてまとめる。「協働の学び方」として当校が特に重視しているのに「思考ツールを活用するスキル」の習得がある。ブレインストーミングやKJ法、マインドマップといったツールを活用するスキルだが、こうしたスキル習得以前に、生徒に意識させていることがある。それは「対立」である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。