【連載】若手を育てる学校経営マネジメント 第9回 個別指導(週の指導計画)

管理職は、教員の人材育成が重要な職務の一つである。教員は学校経営案や学校経営計画などをもとに、学級経営案を作成する。学級経営案と年間指導計画に基づき、日々の地道な教育活動を実践している。児童の成長を支えるのは、一人ひとりの教員である。その日々の教育実践の計画と記録が、週の指導計画(週案)に記入されている。毎週提出される週案を読んだら、季節にあった明るい色柄の付箋にメッセージを書いていく。校内巡視をしながらの授業観察と、週案から各教員の成長点や、課題点について、良いことをはじめに、その後に課題や注意点などを行動に移せるよう具体的に書き記した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。